1. HOME
  2. TOPIC
  3. ブログ
  4. 快適な家をつくる

快適な家をつくる

家を建てる前に知っておいて欲しい、快適な家をつくるポイントを

紹介しますね。

実際に家を建てたことのある30~60代の家族に

「住んでみてわかった快適な家」に関するアンケート調査が

ありますので見てみますね。

30~60代合計(全体)
1位  29%  夏涼しくて冬暖かい
2位  20%  動線設計がいい
3位  18%  外の音が入ってこない
4位  15%  省エネ
5位   9%  湿度が一定
6位      バリアフリー・他

という回答でした。

30代・40代・50代・60代と年代別に見ても
1位  夏涼しくて冬暖かい   30%前後
2位  動線設計がいい     20%前後
3位  外の音が入ってこない
省エネ・湿度が一定      9~18%

バラツキはあるものの、共通したポイントでした。

どの年代を見ても快適だと思うポイントは

一緒だと言うことがわかりました。

ペットと暮らす家

これは、暮らしてみてわかったことですが、

反対に家を建てる時にこだわったところは?

のアンケート調査を見てみますと

30代~60代合計(全体)

1位  間取り

2位  デザイン

3位  動線

4位  素材

5位  省エネ

これを年代別に見てみると、

1位が

30代・40代は、デザイン

50代・60代では、素材・省エネ

動線・間取りは共通でした。

30代・40代の頃は、デザインに憧れて建てたけど

実際、暮らしてみると

また、年齢を重ねていくと夏涼しく冬暖かくて、

動線がいい家がよくなっていく。

と言うことですよね。

間取り=動線設計 ですし

夏涼しくて冬暖かい=省エネ

素材にこだわって室内の湿度の一定と外の音を

遮って建てれば、快適な家をつくることが出来るわけです。

犬と快適に過ごす家

まとめてみますね。

夏涼しくて冬暖かいは、断熱と窓 UA値は、0.56以下で

動線は、設計士が考えるというよりは

むしろ、家事をするシュミレーションを

想像することで出来るよね。

そして、自然素材にこだわることで

機械に頼らない湿度調整が出来ます。

気密には注意してほしいです!結露にもつながるから。

外の音は断熱材を選ぶことです。

断熱性能と遮音性は、=イコールじゃないよ。

あともう一つ大切なことがある。

耐久性とメンテナンス

耐震等級は当然3、耐久性とメンテナンスは施工と素材で

違いが出てきます。

目に見えにくい施工部分は、とくに大切だよ!

快適な家で、楽しく暮らしましょう♪

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事