1. HOME
  2. TOPIC
  3. ブログ
  4. 家づくりQ&Aその2 住宅ローンの金利について

家づくりQ&Aその2 住宅ローンの金利について

変動金利と固定金利

今日のご相談は。。。

Q. 住宅ローンの変動金利と固定金利はどちらがいいですか?

A. 変動と固定とどちらがいいでしょうか⁈ ということですが

どちらもメリット・デメリットがあります。

○まずは、固定金利のメリットから

●返済額がずっと変わらないので、家計管理がしやすいです。

金利の動向に一喜一憂することなく、お子様の教育費や

老後も資金準備、繰上返済の計画など、資金計画が立てやすい。

低金利期に借入すれば、安心感も高いね!

変動金利のメリット

●金利が低下すると返済額が減少する。

金利が下降局面においては、恩恵が早く受けられるね!

金利水準が低いのが魅力

〇次に、固定金利のデメリット

●固定なので、金融機関で金利が低下しても返済額は

変わらない。

変動型に比べて、金利はやや高めになっています。

変動金利のデメリット

●金利が上昇すると返済額が増える。

将来の返済額が確定しないので、返済計画が立てにくい。

借入時の金利が低いので、ついつい多く借入てしまう

傾向があります。

それと、返済額は5年ごとの見直しで変動幅は、1.25倍

までなので、金利が上昇すると利息の割合が増えて元金が

なかなか減らないということが起きたりします。

***********************************

お子様の成長に伴って、教育費のことや共働きであったり、

転職や独立など、ライフプランに合った金利タイプを選ぶ

ことがたいせつですね。

この2種類以外に固定期間選択型というものもあります。

期間を区切ってその都度見直しが出来るものです。

これは、ローン相談会の時に、詳しくご説明しますね。

変動金利で借入する方は金利動向を時々でもチェックできる

方や理解している方が向いていると思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事