1. HOME
  2. ブログ
  3. 平屋で快適に暮らす

平屋で快適に暮らす

平屋で快適に暮らす

平屋の家といえば=快適  と連想しますよね。

階段の上がり降りがなくて、動線がいいし

リビングから外に目を向ければ季節の花や木々の緑。

あ~くつろぎの時間!

しかも高断熱・高気密の平屋で冬は暖かく、夏は涼しい

カ・イ・テ・キー  カ・ン・ゲ・キー  24時間換気!

そこで高気密・高断熱の家で忘れてはならないのが

換気ですよね。

2003年にホルムアルデヒドなどのシックハウス問題から

24時間換気が義務化され、家の空気を入れ替える機器の

設置が必須となります。

湿気や二酸化炭素を外に出して健康面からも必要なものとなります。

この換気には3つの方法があります。

第1種換気 給気・排気ともに機械によるもの

第2種換気 給気は機械で排気は自然によるもの

第3種換気 給気は自然で排気は機械によるもの

それぞれに特徴があるので見てみます。

第1種換気の特徴は、給気・排気を強制的に行うため

外の新鮮な空気を常に取り込んで空気の循環を

コントロールできます。熱交換換気で温度・湿度も

調整できますが、設置にコストが他の方法よりかかり

メンテナンスもきちんと行うことが必要になります。

第2種換気の特徴は、外の空気を強制的に取り込み

室内側の空気を外へ押し出すという形です。

室内の気圧が高めになりホコリなどが侵入しにくくなり、

室内を常に清浄に保つ必要がある病院の手術室などに使われて

住宅ではほとんど使われることはありません。

第3種換気の特徴は、コスト面からもこの方法が一番多く

使われています。

しかし、気密の取れていない家では様々な隙間から空気が

入り込み十分な換気が行われません。隙間を失くすことで

効果がある方法なのです。

気密測定で確かめなくちゃネ!

スキマなくして 快適 換気 画期的! \(^o^)/セイ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事