1. HOME
  2. TOPIC
  3. ブログ
  4. 家を建てる人の高まる「性能ニーズ」

家を建てる人の高まる「性能ニーズ」

家を建てるニーズ

2020年3月に住宅購入時に重要視したポイントは?という

アンケート調査がありました。

2年以内に持ち家を購入した600人を対象に行った調査のものです。

上位を占めたのは、

「長持ちする」      52.3%  前年44%

「寒くない・暑くない」  52.2%  前年35%

「地震が来ても倒れない」 52.0%  前年45%

の3つで、いずれも性能に直結するものでした。

昨年1位だった「家事がしやすい」は今回は4位という結果に

なったのです。

家事動線や収納よりも、まずは性能を重視したい、

性能向上に関心が高まっていることがわかります。

これからの家には、当たり前の条件になっていくことですよね!

そこで、よく聞かれる質問に

性能を高めるとどんなメリットがあるのですか?教えてください。

があります。

まずは、長期優良住宅・低炭素住宅の申請をすることで補助制度を

利用することができます。

〇 税制の優遇

〇 住宅ローンのこと

〇 地震保険料の割引

〇 地域型グリーン化事業で補助金を受けられる。

断熱性能を高めることで

〇 消費エネルギーが小さくなる。

〇 ヒートショックリスクが減る。カビが減るなど健康リスクが減る。

など、良いことばかり。

でも、ちょっとデメリットもある。

工事費・申請費があがる、時間がかかる。

↑これらを考慮しても、メリットのほうが大きい。

新築住宅の場合のお話でしたが、

リフォームで性能を高めた場合にも税制の優遇措置があるよ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事