1. HOME
  2. ブログ
  3. 迷える外壁材えらび

迷える外壁材えらび

注文住宅の外壁

家を新築するにあたって検討するなかに

将来のメンテナンスの必要性を考えます。

出来るだけメンテナンスのいらない建材を選びたいものです。

必ずやってくるメンテナンスの費用

頭 “イタッ!”ですよね。

その中でも一番悩めるのが、外壁の選択。

屋根はアレで、シロアリ防蟻はアレをすすめてくれたので

大丈夫だし、でもー

「外壁だけは迷っているんですー。」と皆さん言われます。

そこでいろんな外壁があるので見ていきたいと

思います。

 

 

まず、「これ好きなんです!」と人気なのが

ぬりかべ   ぬりかべゲゲゲの鬼太郎

特徴は、

夜道で人間の歩行を阻む姿の見えない壁のような妖怪

そうじゃない!(-_-メ)

 

 

ぬりかべ

特徴は、ぬりかべ

  • 手作業なので意匠性があり温かみや質感を楽しめる。職人の技術、おしゃれ感・落ち着き感などデザイン性が高い
  • 防火性がある
  • 汚れが目立ちやすい
  • 費用が高くなってしまう
  • 10年前後を目安にメンテナンスの必要がある

 

 

次は、タイル

特徴は、タイル外壁

  • 高級感がある
  • 耐久性がある傷がつきにくく、色あせもしにくい
  • 費用が高くなってしまう
  • メンテナンスは、目地の補修とシーリング補修で済み、メンテナンス費用は抑えられるが剥離がおきると危ない

 

 

次に、窯業系サイディング

特徴は、

  • デザインが豊富、木目調・タイル調・ぬりかべ調・石積柄・ライン柄などがあり、和・洋・モダン好みに合った外壁を選ぶことができる
  • 耐火性がある
  • 耐久性のある製品も出てきている
  • 価格は安価なものから高価なものまで選択の幅が広い
  • シーリングの傷みやすく定期的なメンテナンスが必要、シーリングの少ない製品もある

金属サイディング

特徴は、

  • 裏側に断熱材が付いている、ガルバリウム鋼板やアルミもある
  • フッ素塗膜で耐候性が高く色褪せにくい、耐用年数が長い
  • 専用部材でシーリングが少なく済むのでメンテナンス費用が抑えられる
  • 価格はやや高め

 

 

ガルバリウム鋼板

特徴は、ガルバリウム鋼板

  • 耐用年数が長い
  • シンプルなデザイン
  • へこみやすい
  • 断熱性・遮音性が低い
  • デザインのバリエーションが少ない
  • 価格は高くなく、シーリング部が少ないのでメンテナンス費用も抑えられる

 

 

特徴は、木の外壁

  • 温もりがある
  • 耐用年数が長い
  • 経年変化を楽しむ方ならメンテナンスは要らない、「いやだ!」という方は塗り替えが必要になる
  • 費用は高くなる

どの外壁もメンテナンスが必要になりますが、

神社・仏閣に見るように木ならば、その必要がなく

なが~く使うことができます。

経年変化を味わいと感じることができるのであれば

木の外壁にするのも楽しいと思います。

 

 

結論

外壁自体よりもシーリングの劣化が一番の問題になります。

シーリングが劣化してくると雨漏りの原因にもなり

躯体を腐らせたり、シロアリの原因をつくってしまいます。

シーリングの使用を少なくした外壁材を選ぶことですね。

 

外壁にはそれぞれの特徴・デザインがあるので

趣味にあわせて選べば良いと思います。

外壁で家のイメージが付いてしまうので

3Dパースやサンプルを確認して選んでもらっています。

家づくりを楽しみましょう♪

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 保証をみる⇒・家づくりの6つの安心と4つの保証

 どんな家をつくるの?⇒・サンケン住宅の注文住宅の仕様

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事