1. HOME
  2. ブログ
  3. 省令準耐火構造の家で保険が安くなる⁈

省令準耐火構造の家で保険が安くなる⁈

家づくりのお得情報

省令準耐火構造とは

建築基準法で定める準耐火構造に準ずる

防火性能を持つ構造として、

住宅金融支援機構が定める基準に

適合する住宅をいいます。

省令準耐火構造の住宅の特徴は

「外部からの延焼防止」

「各室防火」

「他室への延焼遅延」が挙げられます。

ー住宅金融支援機構より

 

 

火災保険

なになに、とにかく火災に関することで

安全っぽい話だな

そうなんです!

しかも火災保険も安くなるというから見てみよう。

 

 

省令準耐火構造の家の特徴を見てみます。

1.外部からの延焼防止

  屋根や外壁、軒裏を防火性の高い構造にして

  隣家などから火をもらわない造りにすること。

 

 

万が一お隣の家から火災がおきた場合、

隣接していると我が家に火が移ってしまうかもしれない。

延焼を防ぐために燃えない建材を使うことだね

 

 

2.各室防火

  火災が発生しても一定時間、部屋から火を出さない

 

 

発生源と他の部屋とを完全に区切ることで

燃え広がりにくくする。

壁や天井の建材を火に強い石膏ボードを使い、

火が木材に燃え移るまでに時間がかかることで

避難や消火することができるのです。

 

 

3.他室への延焼遅延

  万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる

 

 

天井裏や壁の中を伝わって燃え広がらないように

材木や断熱材(ファイヤーストップ材)を使って

延焼を遅らせる。

ファイヤーストップ材は、気密施工でも大切な

部分になるのです。

気密施工的にいうと、気流止めにあたります。

 

 

そうした仕様で家を建てることで火災の被害を

最小限に抑えることができるのです。

しかも火災保険が割引になるのです。

火災保険はずっとかけていくのでメリットは大きいです。

 

 

省令準耐火構造の家

 

 

そこで気になるのが建築費用ですよね。

石膏ボードの厚みを変えるとか増額もあるけど

もともと希望してた仕様にちょっとプラスで

出来ることもあるので、相談してみてね。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 保証をみる⇒・家づくりの6つの安心と4つの保証

 どんな家をつくるの?⇒・サンケン住宅の注文住宅の仕様

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事